保湿成分

アンチエイジングと大豆イソフラボンについて

何歳になってもきれいでいたい、若々しく元気な体を保ちたいと思うのは当然のことです。
老化現象はどうしても起きてしまうことですが、自分の努力次第では老化現象を遅らせることもできます。
その反対に、何もしなかったり体に負担がかかることを続けてしまうと老化現象が加速してしまいます。

そこでアンチエイジングに効果的なものを、より多く摂取していくことが重要です。
その有効成分の一つに大豆イソフラボンがあります。
大豆イソフラボンは化粧水などにも含まれていることが多く、知っているという人も多いのではないでしょうか。

大豆イソフラボンは特に女性にとって、アンチエイジングが高い成分が含まれていることが分かっています。
特徴としては、まず老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあるということです。
活性酸素はストレスや不規則な生活習慣などで発生し、誰でも蓄積しやすくなっています。
そんな活性酸素の働きを抑えてくれます。

もう一つの効果は、女性ホルモンにたエストロゲンという成分が含まれているということです。
女性ホルモンは年齢と共に減少していき、老化現象や更年期障害を生み出します。
エストロゲンを大豆イソフラボンで確保することで、肌の新陳代謝を促したり女性らしい体を保つことができます。
これらの働きが、アンチエイジング効果へとつながります。
参考:コスメで行うエイジング
参考:効果的な呼吸法

このページの先頭へ